奉仕活動 - Tokyo Minato Rotary Club

東京みなとロータリークラブ
100% Paul Harris Fellow Club​    2012-2013
東京みなとロータリークラブ
100% Paul Harris Fellow Club​    2012-2013
ロータリーレート:105円 (2020年10月)
コンテンツに移動します

奉仕活動

盲導犬出張授業キャラバン
盲導犬出張授業は、港区教育委員会事務局と日本盲導犬協会の協力を得て、港区立小学校の4年生の授業に、日本盲導犬協会の職員、盲導犬と盲導犬ユーザさんとともに訪問し、視覚障がい者や盲導犬についての理解を深めるとともに、街で見かけた際のお手伝いの具体的な方法について実体験するものです。
東京みなとロータリークラブは、2012年よりこの社会奉仕に取り組んでおります。
2019年は16校を訪れ、1,405名の生徒に授業を受けていただきました。
これまでの7年間で、盲導犬出張授業を受けた生徒は、のべ86校 6,610名になります。
なお、今年度は、新型コロナウィルスの蔓延による長期休校の影響や実施予定時期の感染状況が不安視されることから、港区教育委員会事務局と日本盲導犬協会と相談した結果、実施を見送りました。
地区補助金を用いた社会奉仕
地域に密着した奉仕プロジェクトを基本に、地域のニーズを把握し、当クラブの能力に合った活動を実施しています。
これまでに、「港区社会福祉協議会」への福祉関連機材の寄贈と普及支援活動を実施してきました。
今年は、特に「子どもの健全な成長を支援する」という観点から、「港区児童相談所の一時保護事業支援」として、施設備品寄付などに取り組んでいます。
港区少年野球大会支援
毎年春に実施されている港区少年野球大会の閉会式で実施される表彰において選手に授与される、優勝カップ、盾、メダルを寄贈し、当クラブの代表者から直接授与させていただいています。
2019-20年度はCOVID-19の影響で大会が中止され、本活動は実施できませんでした。
九州豪雨災害支援(熊本県)
令和二年九州豪雨災害義援金について、地区からの義援金協力要請への参加に加え、これとは別途に熊本県球磨村支援を目的に「令和二年熊本県南豪雨義援金」として8月27日に熊本県東京事務所に小澤会長と高取会員が目録贈呈に伺いました。
これに対して、熊本県知事よりお礼状が届きました。
Site Creed with WebX5at
© 2020 Tokyo Minato Rotary Club
コンテンツに戻る